製品情報 [オクトラン オリジナルサイドカー/OCTRUN Original Sidecar]

フレーム設計、ボディーデザイン、全ての工程においてこだわりを持って作られたサイドカーです。

ミッドシップエンジン、ロングホイールベースなどの仕様の車輌で、
認可を受け公道上での走行を実現!

世界で唯一の存在。

 サイドカーにおいて、モノコックフレームでミッドシップエンジン:ロングホイールベースで側車付車検を取得して公道を走行できる車両は、おそらく世界で唯一の存在であると思われます。

 当社では、サイドカーの走行安定性を追及し、操縦安定性を重視して長年に渡り研究とテストを繰り返し、その結果現在の形状であるミッドシップエンジンロングホイールベース:ハブセンターステアリングで最高の走行安定性を実現した。

ミッドシップロングホイールベース

 まず、ミッドシップエンジンロングホイールベースにより他に類を見ない低重心化が実現できサイドカーの弱点であるコーナリングでの安定性が飛躍的に向上しました。

 そして、ステアリングシステムを当社独自の開発によるハブセンターステアリングシステムにすることで、今までのサイドカーの悩みであるシミー(ハンドルブレ)現象を解決、ステアリングダンパーの必要はなくなりました。

軽快なハンドル操作を実現!!

 アールズホークが直進安定性を犠牲にしてハンドル加重の軽減をしているのに対し、絶妙にバランス 計算されたキャスター&トレール配分により直進安定性と軽快なハンドル操作が実現しています。

 以上のような説明より実際にその操縦安 定性を体感していただく為に是非一度試乗していただきたい。ハイクオリティーな体験が出来るはずです。


 

 この車両は、昨年サイドカーレース等でテストを重ね11月に側車付2輪自動車として国土交通省の認可を受けたシャーシを利用してツーリングユースを目的にボディー製作した最新モデルです。

 昨年のモデルとの相違点ですが、まず灯火類を一新、HIDヘッドライトにLEDテールライトを採用し視認性が一段と向上。ドライバーの乗車姿勢をニーラタイプから一般的なポジションに変更。

 パッセンジャーシートをレカロ:スタイルJとして前方に移動シートレール取り付けによりポジション変更可能となり長時間の走行でもストレスなく乗車できるようになりました。

 また風防部が足元より開口する事により乗降が非常に楽になり、車両後部には大型のトランクルームを装備して大量な荷物も収納可能となりました。

OCTRUN Racing 試作車1台あり 〜ご相談下さい〜
価格6,000,000円(登録費用など諸経費:消費税 別途)

 

OCTRUN Racing 基本スペック
ベースモデル BMWK1200S
全長 3980mm
全幅 1750mm
全高 940mm
ホイールベース 2600mm
トレッド 1200mm
車両重量 450kg
エンジン BMW ミッドシップ形式搭載 
総排気量 1156cc 
最高出力 167ps 最大トルク 130N.m/8250rpm
型式 K1200S改 形状 側車付オートバイ 乗車定員 2名
形状 側車付オートバイ
乗車定員 2名
フレーム形式 アルミハニカムモノコック ハブセンターステアリング
サスペンション フロントスイングアーム オーリンズ 
リアスイングアーム オーリンズ
カー側 ダブルウッシュボーンAアーム
ブレーキ フロント ウィルウッドレーシング4ポットWキャリパー 
      ベンチレーテッドスリットドリルローター
リア   4ポットシングルキャリパー 
      ベンチレーテッドスリットドリルローター
カー   シングルポットキャリパー ドリルローター
その他 バック装置付